バランスシートの改善手法 ~デット・エクイティ・スワップ~

2022.06.10

バランスシートの改善手法 ~デット・エクイティ・スワップ~

金銭負債を株式へ振り替える

デット・エクイティ・スワップ(Debt Equity Swap:DES)という手法について。

 

ある会社に対して金銭債権を有している債権者が、その債権を債務者の株式に振り替えることを、DESといいます。

例えば、役員借入金の出資に対して株式を出資するパターンが、中小企業においてよく使われている活用事例です。

具体事例

甲法人が、その法人役員であるAさんに1,000万円借入を行っていたとします。(役員借入金)
Aさんはその貸付金(甲法人側から見ると借入金)をもって甲法人に出資をし、1,000万円分の株式を得ます。すると、甲法人の財務諸表の状態が改善されていることが分かります。

 

DESを活用すれば債務が減少し、資本が増加することになるため、債務者側である会社にとってはバランスシートが改善されるだけでなく、対外的にも金融機関などの債権者に対して改善した財務諸表を提出できるなどのメリットがあります。

その他の活用と効果

建設業や運送業など事業を行うにあたり、資産要件がある許認可が必要な場合、このDESを活用して資産要件をクリアするということも検討してもいいのではないでしょうか。

 

また、中小企業においては、先代の社長との間で役員借入金が存在すると、事業承継の後に先代の社長から役員借入金の返済を突然請求されるなど、しばしば役員借入金の処理で問題になるケースもあります。このような場合は事業承継の前に、このDESを使って役員借入金を整理することもできます。

まとめ

このように、会社役員(特にオーナー役員)が会社への貸付金が膨らんできた際に、よく検討されるのが役員借入金のDESです。

 

メリットが非常に大きい分、税務上の取扱いなど実行する際にはさまざまな注意点があります。
ご検討の際は、専門家への相談を行うことをおすすめいたします。

コンサルタントからの一言

DESを活用することで、現金を使わずに財務諸表の改善等を図ることができます。登記に必要な書類が少し複雑になりますので専門家にご相談ください。