専門領域
幅広いテーマへの適応力、様々な業種・業態・事業段階の組織への対応力、情報通信技術のシーズと社会ニーズのマッチング
コンサルタントとしてモットーにしていること
多種多様な事業者様と共に多岐にわたる問題発見・解決に取り組んでまいりました。どのような問題、課題に対しても、情報通信技術の利活用を軸に知恵を出し、低コストかつ迅速な解決案を策定、実施することをモットーにしています。
主要実績
・技術ベンチャー支援
1年半で約8000万円の資金調達に関与。
・ICT活用セミナー(福岡県よろず支援拠点在籍中に担当)
『facebook集客セミナー』:2015年8月から2017年3月までに51回実施、627社695人が受講
『facebook広告セミナー』:2016年7月から2017年3月までに16回実施、155社165人が受講
・コンソーシアム(共同研究体)運営((株)日本総合研究所在籍中に担当)
『分散型エネルギー』、『無線ICタグ技術の活用による廃棄物の適正処理』をテーマにした10~30社が参加するコンソーシアムを運営。
・学術関連
福岡大学『不動産証券化』講義録作成【2012年9月】
立命館アジア太平洋大学APU『夏季集中講義:ファミリービジネス』【2013年8月】
・ 株式会社福岡リアルティ、茶木正安会長(当時)が担当する講義全15コマ中4コマを担当。

共に頭を捻り、汗をかきながら取り組める存在であり続けたい

情報通信技術の発展、普及を土台として、様々な技術(IoT、AI・人工知能、VR・AR、ブロックチェーン、ロボット、ドローン、量子コンピュータ等々)も目覚ましい発展を遂げつつあります。
こうした大きな変化の中で、事業者に求められるのは、これまで以上に物事の本質を捉えた上で、“常識・当たり前・慣習”等を見直し、顧客、社会のニーズに応えていくことだと考えます。
簡単なことではありませんが、共に頭を捻り、汗をかきながら取り組める存在であり続けたいと考えております。

得意とするところ
幅広いテーマへの対応力と、誠心誠意の姿勢で新規性の高い経営課題の発見、解決を得意としています。

これまでの業務の中で、取引先や顧客は“官”では複数の中央省庁や自治体、“民”でも業種業態や規模、時として国籍の異なる企業と多様でした。所属する組織、またご本人の個性によって各担当者の特性は異なりましたが、誠心誠意の対応と円滑なコミュニケーションを心掛けながら、業務を遂行する中で信用を築いて参りました。

結果として東京をはじめ国内外で、多岐にわたる分野で活躍する方々との繋がりに恵まれていることも自身の強みとして認識しいます。
経歴
2003年4月~2011年12月
株式会社日本総合研究所
シンクタンク部門(創発戦略センター)の研究員として、新規性を有する事業に関する調査、コンサルティング、起業支援に従事。
2014年6月~2017年3月
中小企業庁 福岡県よろず支援拠点
多数の創業予定者、個人事業主、中小企業の経営相談に対応。
2012年4月~現在
合同会社KICK・コンサルタント
縁のあった人、企業、組織(国際連合人間居住計画福岡本部(アジア太平洋担当)、
九州大学ユヌス&椎木ソーシャル・ビジネス研究センターなど)の支援に従事。
保有資格
  • 国際連合コンサルタント登録(英文履歴書(P-11)審査通過)
著者、主な執筆
  • 図解 よくわかる分散型エネルギー(2004年 日刊工業新聞社)※共著

これまでの実績レポート

    現在準備中です。

一覧に戻る